SHUREのフラグシップモデル!!SHURE SE 846

この記事の所要時間:435
SHUREのフラグシップモデル!!SHURE SE 846

アメリカのオーディオメーカーであるSHUREのイヤホンの中でも,フラグシップモデルとして位置づけられているイヤホンが,SHURE SE846です.

なかなか高価で購入を数年間ためらっていましたが,とうとう購入することができました.

今回は,そんなイヤホンの特徴について紹介をしてみたいと思います.

SHUREとは?

シュア(Shure)とはレコードカートリッジ、マイク、ヘッドフォンおよびイヤホンなどの設計、製造を行っているアメリカ合衆国の企業である。(wikipediaより引用)

SHUREはアメリカのオーディオメーカーで,特にイヤホンの生産で有名な企業です.

こちらの記事で紹介をしています.

http://zacklyblog.com/2018/05/18/post-809/

SHUREのイヤホン

SHUREはいろいろな種類のイヤホンを販売しています.

価格が安い順番で,

SE112
SE215
SE215SPE
SE315
SE425
SE535
SE535LTD
SE846

のラインナップがあります.(太字で示したのは私が実際に購入したことのあるモデルです.現在は赤字のものを使用しています)

SHUREのイヤホンについてはこちらの記事にて紹介していますので,ぜひご覧になってみてください!

http://zackly-blog.com/cms/2017/05/20/post-809/


本題!!

SE846について

SHUREのフラグシップモデルです.

2013年に発売を開始し,その当時はなんと12万円でした.

現在では10万円以下で購入することもできるようになり,手に入れやすくはなっています.

スペック&特徴

こちらは,商品紹介文を引用させていただきました.

  • 本物のサブウーハーのレスポンスを提供する4 基の高精度MicroDriverが、豊かな低域と明瞭で伸びのある高域を実現。コンサートホールのような臨場感を体感できるイヤホンの枠を超えたフラッグシップモデルの高音質カナル型イヤホン
  • 革新的なローパスフィルターを備えたデザインは、明瞭度とディテールを損なわずに本物のサブウーハーの豊かな低域を再現。
  • 3種類のオプションノズルインサートで中高域(1 kHz~8 kHz)を約3~5dB変化するカスタマイズ可能な周波数レスポンス。
  • 感度: 114 dB SPL/mW、インピーダンス: 9 Ω、再生周波数帯域:15 Hz~20 KHz、ケーブルの長さ: 162 cm
  • 付属品:プレミアムキャリングケース、フォーム・イヤパッド (S/ M/ L)、ソフト・フレックス・イヤパッド (S/ M/ L)、イエロー・フォーム・イヤパッド、トリプルフランジ・イヤパッド、6.3 mmアダプター、レベルコントローラー、航空機内用アダプター、116cm着脱式ケーブル、ノズルアッセンブリーツール、交換用ノズルインサート(2ペア)、ケーブルクリップ、ポリッシュクロス

(AMAZON商品ページより引用)

このモデルの特徴は,ローパスフィルタと呼ばれる特殊な板状の構造(ミルフィーユのように薄い金属板が重なっている状態です)ににあります.

また,通常のイヤホンでは使用されていないBA型(バランスド アーマーチュア,Balanced Armature)というもので,片方のイヤホンに4基搭載されています.

これは,私も所有している SE 425 モデルの2基よりも多いものです.

カラーバリエーション

カラーバリエーションとしては,最初に発売されたクリア

そして2015年に新色として発売された

ブルー

ブロンズ

そして今回私が購入したブラック

の4種類あります.

個人的には,クリアカラーのコードの変色が気になった(SE425のコードは変色してしっまいました…)ので,それ以外で検討をしました.

実際の写真

実際に私が撮影したものがこちらです.

夜間に撮影したこともあり,ブラックではなくシルバーのような見た目になりました.

実際,光沢のある表面で,とても高級感のあるボディーだと感じました.

SE425と比較

SE 425

SE425の価格は3万円前後です.

よく言われているのが,最も原音に近い音が出るとのことです.

確かに低音がすごいということはありませんが,音が全くこもらず,コスパ音良い最高のイヤホンだと思います.

SE 846

今回私が購入したモデルですが,確かにSE425よりも解像度が高く,低音もとても響いて衝撃を受けました.

しかし,10万円近くすると考えるとあまりコスパは良くないかと思います.5万円なら間違いなくこのモデルをおすすめしますが,私的にはSE425のほうがおすすめです.

まとめ

今回購入したイヤホン,とても素晴らしい製品だという印象でした.

しかし,価格の高さを考えると,やはりSE425がベストだと思いました.

せっかく購入したので,これから大事に使っていきたいと思います.